海外旅行をすると、色々な場面でチップを払うことになります。

普通列車で国内のいろんなところを旅行する

海外旅行をするとチップの文化を目の当たりにする

海外旅行をすると、色々な場面でチップを払うことになります。日本にはこうした文化がないので、初めて海外旅行に行った人は戸惑うことも多いでしょう。チップには幾ら払わなければいけないと言う決まりはありません。時と場所、相手のサービスの程度によって加減するのが基本です。小銭がないとき、焦ってしまう人もいるようですが、相手に両替をしてもらってからチップを渡しても構いません。これは、失礼なことでも何でもないです。チップを払うことが多い場所と言えば、空港やホテルでしょう。とは言え、空港の受付業務をしている人には払う必要はありません。

しかし、ポーターにはチップを払う必要があります。時々悪質なポーターがいて、法外な金額を請求してくることがありますが、慌ててはいけません。もちろん、要求通りの額を渡す必要もないです。空港などでそう言うことになったら、空港職員などに助けを求めましょう。それか、一般的な額のチップを渡すことです。日本人は海外旅行に行くと狙われることがよくあります。毅然とした態度も大事と言うことを頭に入れておきましょう。また、ホテルでもポーターはもちろん、メイドやボーイにもチップを払う必要があります。

visit this website and solve your problems

Copyright (C)2019普通列車で国内のいろんなところを旅行する.All rights reserved.